FC2ブログ
2019/03 ≪  2019/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2019/05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Helm it
2007/08/13(Mon)
地獄の前倒し月間も終わり、夏季休業に入っております。
休み明けがまた地獄なんだろうけど、今はじっくり羽を休めるさ…。
予定が色々あるから、あんまゆっくりも出来んけど(==


DOLの方もようやく再開です。
もう直ぐ新章だってのに、今頃東南アジアですよ!
全てが新鮮

やったことないクエ盛り沢山!素敵!
目標は全追加港巡り&ついでにクエ消化ですが
PKの生息状況により、無言で落ちたり復活したりします。
商会の皆様、ご了承下さい(つーても帰省とかで少ないっぽいけど


小説の方は、休み入ったので一旦止まってます。
感想とか簡潔に書きつつ、紹介するかのー。
以下、読み始めた順です(敬称略

『太陽の塔』 森見登美彦(新潮文庫)
販促用紹介文が強烈で、ついこれに決めてしまった…。
「巨大な妄想力の他に何も持たない男」が主人公で、
失恋の痛手を抱えつつ、毎日を必死に足掻きつつ生きています。
ファンタジーノベル大賞にしてはリアルすぎないか?と思っていたら
読み進めるうちに納得。確かにファンタジーだ…。
飾磨のクリスマス作戦は良かったなぁ。
色んな意味で不可思議、でも読後は爽やかな気分になる本でした。
同作者の『夜は短し歩けよ乙女』、評判いいので読みたいのですが
新書は場所食うので買えないだーよ…文庫にならんかな…。

『ハナシがちがう!笑酔亭梅寿謎解噺』 田中啓文(集英社文庫)
落語とミステリのコラボという異色さに惹かれ購入。
書店のレジ係の方が入ったばかりらしく、ストラップくれなかったな…。
それは置いといて、個性とインパクトでは今回読んだどの本にも勝っています。
主人公が元不良少年、その彼が無理矢理弟子入りさせられた落語の師匠は
大酒呑みで乱暴者、しかし落語の腕は超一流とタチが悪い(ぉ
登場人物の落語家も曲者揃いで、それがテンポよく進むものだから
結構分厚いのに、2日で読み終えてしまいました。
ミステリといっても暗さが無いし、読みやすくて面白かった!
大阪弁に違和感がないのと、作者の落語に対する造詣の深さに感服です。

『博士の愛した数式』 小川洋子(新潮文庫)
本屋大賞受賞、映画化もされ話題になった作品です。
阿部寛好きなので是非見たいけど、原作が先か迷ってたのよねー。
記憶の出来ない博士の元に勤める家政婦が、その息子も交えて
数学や生活の楽しさを見出し、日々が掛け替えの無いものに変わっていく…。
記憶力のない博士に対する家政婦親子の愛情は、家族愛を超越した絆がありました。
江夏がいい味出してたー。思わず拝みたくなるぐらい(何
悲しい終わり方でもないのに、読み終わる頃泣いたよ…いい本だわ…。

『コンビニ・ララバイ』 池永陽(集英社文庫)
小さな町の小さなコンビニを舞台に送る、切ない系連作集。
章ごとに主人公が変わるのですが、どのキャラにも言えるのは
「生き方が不器用すぎる」ということかなー。
妻子を失ってネガティブに生きるコンビニオーナーを筆頭に、
厄介な人物と恋仲になった従業員や、自分の殻に閉じ篭る常連。
その大体が恋愛の由無し事に翻弄され、一時道を見失うのですが
小さなコンビニを鍵にして、新たな道を見つけていく…。
泥臭さを感じさせながら、どれも読み終わりには暖かさがありました。
その後をきっちりと書いてないのも、読者に想像の幅を与えるためなんだろうなぁ。
ホステスや女子高生どうなったんだろ…幸せになれたかな…。

次は角川攻め予定ですが、角川はアニメ色が強い…のか?
涼宮ハルヒ、面白そうだけどラノベっぽい?
続き物買う余裕もないし、これは見送りかなorz
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://jshs.blog4.fc2.com/tb.php/56-497a60ee

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。